メニュー

防災備蓄の心構え「普段使っている物を少し多めに」

防災備蓄の心構え「普段使っている物を少し多めに」

いつ起こるか分からない大災害に備えて、普段から備蓄をしておくことはとても大切です。では具体的には何を備蓄しておけばよいのでしょう? 在宅で避難生活を送ることを前提にストックしておくべき物は? 備蓄品の管理はどうしたら? 被災者から聞いた知恵や技を、書籍や講座、イベントなどで分かりやすく伝える、特定非営利活動法人プラス・アーツ東京事務所長の小倉丈佳さんに聞きました。

普段使っている物を少し多めに買っておく

“防災のための備蓄”というと、何か特別なものを揃(そろ)える必要があるように思いがちです。けれど実際は、日常生活の延長で「普段使っているものを少し多めに買っておく」(日常備蓄)という視点の方が大事です。食べ物にしても、災害が起きた当日から非常食を食べる状況にはならないと思います。

なぜなら冷蔵庫内の野菜や肉、魚などをはじめ、パスタや缶詰、レトルト食品など、家の中には既に日常的にストックしている食材があるからです。災害時にはそれら普段食べているものを食べ切ってから最後に非常食を食べる、ということを頭に置いて、食料を備蓄しましょう。

なかには小さな子供やお年寄りなど、普段食べ慣れない物を食べることに抵抗を感じる人もいます。特に災害でパニックに陥っている中、口に合わないものを我慢して食べるのは精神的にも辛(つら)いもの。「災害時こそ自分が好きな物を食べる」と発想を変えてみると、食料備蓄の捉え方も変化してくるのではないでしょうか。

備蓄前に家族で試食会を開き、口に合ったものをストックしておくのも一案です。

炭水化物に偏らないよう、栄養バランスを考えて

食料備蓄の際に意識したいのは栄養バランスです。アルファ化米、おにぎり、パン、カップラーメンなどの主食類は、比較的早い段階で行政や支援物資などから配られますが、栄養バランスが炭水化物に偏ってしまうのが難点。

手に入りやすい炭水化物は最小限にして、タンパク質が摂れる魚・肉の缶詰やレトルト食品、ビタミンが取れるフリーズドライの野菜スープや野菜ジュース、食物繊維やミネラルが摂れるワカメや寒天、切り干し大根などの乾物系の食材を重点的に備蓄することをおすすめします。

それと同時に、高齢者のいる家庭ならば嚙(か)みやすいやわらかい食品を、アレルギーのある人はそれを考慮した食品をストックしておくことも大切です。乳幼児向けには、普段から慣れているミルクやおやつを多めに用意しておくとよいでしょう。

食べながら備蓄する“ローリングストック法”とは?

食料備蓄の方法で推奨されているものに“ローリングストック法”があります。これは備蓄してある食料を古いものから順に食べ、食べた分を月末などに買い足す「食べながら備蓄を回していく」というやり方です。先ほど紹介した、日常備蓄(日常生活の延長で、普段使っているものを少し多めに買っておくこと)もこの一環になります。

これまで備蓄といえば、賞味期限が5年、10年と長い物を買い込んでおくのが一般的でした。ただ、いつの間にか期限切れになっていたということも起こりがち。備蓄していた非常食を、食べないまま捨ててしまった経験を持つ人も多いと思います。

そんな悩みを解決するのが、このローリングストック法です。例えば12食分の非常食を最初に買っておき、月に一度古いものから順に食べていくというルールを作ると、12か月で全てのストックが新しくなります。つまり賞味期限は1年あればよいわけです。

これにより、今まで非常食とは呼べなかったレトルト食品やフリーズドライ食品といった日常食を、非常食としてカウントできるようになります。

さらに毎月ストックを消費する際に味をチェックできるので、「〇〇はおいしかったから多めに買っておこう」とか「おいしくないからリストから外そう」など、ラインアップの調整も可能に。ムダを省きつつ、災害時でも自分の好きなものが食べられる方法だと言えます。

食料だけでなく、災害時に役立つ日用品もストックしておく

この「普段使っている物を少し多めに買っておく」のは、食料品以外にも当てはまります。例えばラップを食器にかぶせて使うと、災害で水道が止まって食器が洗えないときに便利ですし、ビニール袋も調理する際に手にかぶせたり、食材と調味料を入れて和え物を作ったりする際に使えます。

また、電気やガスが止まったときはカセットコンロが活躍しますが、こちらも押し入れにしまい込むのではなく、定期的に鍋パーティーなどを開いて、ボンベの残量をチェックしておくことをおすすめします。そして食料品と同じように、ボンベを使い切ったら新しい物を補充しておきましょう。

日常的にストックしておきたいものは以下になります。このリスト以外にも、赤ちゃんの月齢に合ったオムツなど、各家庭の事情に合わせたものを準備しておきましょう。

この記事をシェアしてみんなで防災意識を高めよう!